CADを導入することで得られるメリットについて


今やっている製図作業を効率化したいならCAD

手作業で進めていく製図は、職人技とも呼ばれる技術が必要な物です。技術の習得にかかる年月を考えると、コンピューターを使って作業を進められるCADは短期間での習得が可能です。よって技術習得にかかるコストが低い点は、大きなメリットと言えます。また、ミスの修正が容易な点も、効率的に進められるメリットです。誰が作業しても見やすい図面が出来上がる点も、魅力の一つです。

図面の管理がしやすい点もCADの魅力です

手書き図面の場合、当然物理的な保管スペースを確保する必要があります。過去のものをすぐに取り出せるよう、ラベルを貼ったり、分類したりと、管理には何かと手間がかかります。その点CADは、データとして管理が可能なため、管理スペースに頭を悩ますことはまずありません。コピーをして複数管理すれば、データの破損等があった場合も安心です。

同時に複数の人が、同じ図面を共有することが可能な点も、大きなメリットです。お互いが離れたところにいても、同じ図面を見ながら話が出来ます。管理も容易なため、昔のデータが必要になった時もすぐに探すことができます。

CADを導入する際の注意点

メリットが色々あるCADですが、導入に際しての注意点も確認しておきましょう。

まずは導入する目的です。「業務をより効率化するため」など、具体的な目的が必要です。導入にはお金がかかりますので、目的が達成されないと、無駄になってしまいます。また、CADという製図ソフトは1種類ではありません。いくつものメーカーから、特徴あるCADがいくつも発売されています。操作性や機能についてはそれぞれ特徴があるので、自分の会社に合ったものを選ばなければいけません。細かいチェックが大事です。

水道の敷設工事に必要な製図は作成に手間がかかるうえ、修正も難しい問題がありました。現在は高性能な水道CADが普及しているので、初心者でも質の高い製図が作成できます。また、短時間で修正ができるのも強みです。