滑らかな仕上がりに不可欠!メッキ加工に使う消泡剤の特徴を学ぼう!


金属へのメッキ加工は泡の発生に注意が必要

リン酸処理は金属製品に施すメッキ加工の一種です。金属の多くは空気中の酸素に触れることで酸化が進み、サビが発生します。サビは劣化に繋がるので、金属製品を長持ちさせるには防サビ効果を持たせるためのメッキ加工が不可欠です。リン酸処理によって皮膜を形成し、金属製品にサビが生じるのを防ぐことができます。その一方でリン酸に触れた金属が反応して気泡が生じるケースがあります。気泡を放置すると皮膜の厚みにムラが生じてしまい、防サビ効果が著しく低下するので良くありません。金属製品の品質を落とさないためにもリン酸処理を行う際は消泡剤が必須と言えます。

消泡剤を加えるメリットと使用上の注意点

消泡剤を加えることで泡の発生を防ぐことができます。これは消泡剤に含まれている界面活性剤が液体の表面張力を安定させるためです。表面張力が安定することによって液体の表面が安定し、気泡が発生しにくくなります。リン酸処理の際に発生する気泡も液体の表面が波立つほど多く発生することから、消泡剤の添加は効果的な対処法と言えるでしょう。その一方で同じ消泡剤の名称でも製品によって含有成分が異なるため、メッキ加工を施す際は十分に注意しなければいけません。金属製品を滑らかに仕上げるにはメッキ加工用に作られた消泡剤を使う必要があります。また、開封して日数が経過した消泡剤は劣化している可能性があるので、多く残っていても使うのは避けるのが賢明です。

リン酸処理によるメッキ加工は消泡剤を上手に扱うことが綺麗に仕上げるための秘訣になります。

消泡剤とは、液体に泡をたたせなくする添加剤です。使用されている有名なもののひとつが「豆腐」ですが、最終的に豆腐の中には成分が残らないため、添加剤でも体に害はありません。