「2D CAD」と「3D CAD」の違いとメリットを紹介します!


「2D CAD」と「3D CAD」の違いとは?

CADにはさまざまな種類がありますが、その代表格は2D CADと3D CADの2つです。ここでは、それぞれの特徴や違いについて紹介していきます。まずは視点についてですが、2D CADは1つの視点から見た図形を作成するのに用いられます。たとえば、平面図や側面図というものが挙げられます。それに対して、3D CADの場合は立体の図形を作成するのに用いられ、あらゆる視点からも見ることが可能です。製品がどういった形状をしているのか確認したい人にはこちらが打ってつけでしょう。また、作成方法にも違いがあります。2D CADなら三角図法と呼ばれるもので、正面、平面、側面の3つの角度から見た図形を作成します。他方、3D CADならその作成方法が多様であり、たとえば、図形の各頂点を線でつないでいく作成方法があります。

それぞれのメリットは何か?

2D CADと3D CADのそれぞれのメリットについて紹介していきます。2D CADを使うメリットとしては、手書きで書くときと同じように図面作成することができるということです。それまで手書きで図面作成していた人はすぐに順応することが可能です。また、それでいて手書きよりも正確な図面が作成できることも大きなメリットでしょう。コスト的に3D CADよりも安いです。一方、3D CADのメリットとしては、やはり完成した形をイメージしやすいということが挙げられます。立体で作成することができるので、いろいろな角度から図形を確認できるのは大きいです。近年は多くのメーカーでCADが導入されていますが、各々メリットがありますので、2D CADと3D CADを使い分けてどちらも併用しているケースが多いです。

電気CADはいろいろなソフトとデータがやり取りできるものが適切です。いろいろな人とのデータ検証など仕事がしやすい環境が実現するためです。