ハンドルを握る前の確認は不可欠?車の運転に必要な免許の詳細を学ぼう!


それぞれの車両に対応する免許の取得が必要

車を運転するには免許の取得が必要なことは常識として広く知られています。しかし、一つの免許ですべての車を運転できるわけではありません。特定の車については専用の免許を取得しなければ運転はできないと決まっています。車の基本的な構造はほぼ同じですが、種類ごとに異なる免許が必要になるのは操作方法に違いがあるのが大きな理由です。一部の車は特殊な操作が必要になるため、相応の知識が無ければ安全に運転することができません。免許はその車を安全に運転できるだけの知識や技能を持っていることを示す証明書でもあるので、車の種類ごとに該当する免許の取得が必要になるのです。

二種免許は取得が難しい

車の免許の中には一種と二種に分かれているものがあります。使用する車両は同じですが、二種免許はバスやタクシーなど客を乗せて運転を行う際に必要な免許です。客を乗せた運転業務は人の命に係わる行為なので、二種免許は一種免許よりも取得が難しいとされています。講習を受けるための条件が一種免許よりも厳しく、講習についてもより高度な技能が要求されます。

公道を走るならどのような車両でも免許が必要

ひと口に車と言っても一般的な普通自動車から大型トラック、さらにはブルドーザーなどの工事用車両やトレーラーなど様々です。どのような車でも運転免許は必要ですが、厳密にいえば公道を走る際には免許が欠かせないという意味になります。公道は一般的なイメージである道路の他、道路に面している駐車場や空き地、私有地など人や車の行き来が多い場所も含まれています。そのため、車を運転するならどのような場所であっても免許は必須という認識で間違いありません。

合宿免許とは、宿泊施設に泊まり込み短期間で免許を取得するサービスで、まとまった日にちを確保できる学生などに人気です。宿泊費や現地までの交通費、食事代が料金に含まれ、教習に集中できる所が多いです。